阪南中央病院

阪南中央病院 > 病院概要 > 院内感染防止対策に関する取組事項
院内感染防止対策に関する取組事項
院内感染対策に関する基本的な考え方
感染防止対策は、安心・安全な医療提供の基盤となるものです。
当院は、感染防止対策を病院全体として取り組み、病院に関わる全ての人々を対象として、院内感染発生の予防と発生時の速やかな対応を行っています。
院内感染対策の組織
  • 院内感染対策委員会(ICC)
  • 院内感染の予防及び感染症発生時の適切な対処など、院内感染に関する諸問題を検討し対策を講じています。委員会は月1回開催し、必要時は臨時開催を行っています。
  • 感染制御チーム(ICT)
  • 院内感染対策委員会の実働部隊として、週1回のミーティングとラウンドを行い、抗菌薬の適正使用や現場の諸問題に迅速に対応しています。
  • 看護部感染管理チーム
  • 看護部門の各部署から、感染担当主任とリンクナースを選出し、月1回チーム会を開催し、感染管理上の問題点の協議と決定事項の周知徹底及び、現場での感染防止対策手技の実践的指導を行っています。
感染症発生状況報告
検査室より週1回、重要監視菌レポートを院内に発信し、院内感染対策上問題となる細菌の部署別検出状況を報告しています。また「大阪府感染症情報センター」からの情報や、週1回管轄内の保健所に報告している「感染症発生状況報告」を院内で共有し、診療時の注意喚起を行っています。
院内感染対策に関する職員研修
感染制御チームは、全職員を対象とした感染対策に関する研修会を年4回以上企画し、職員は必ず1回は研修に出席するようにしています。また、各職場に院内感染対策マニュアルを配備し、全職員に感染防止のための基本的な方法の周知徹底を行っています。
院内感染発生時の対応
院内感染が疑われる事例が発生した場合は、発生部署が感染制御チーム(ICT)に報告をします。ICTは速やかに対応し、原因究明調査と共に感染拡大を防ぐ対策を講じます。状況は随時、病院管理者に報告し、必要に応じて臨時院内感染対策委員会を招集しています。また、地域連携を図っている協力病院とも連携し対応することもあります。その他、保健所への届出や連絡も行っています。
患者さまへの情報提供
感染症の流行期にはポスター等の掲示物で院内に情報提供を行っています。また、感染拡大予防のために面会制限を行う時は、広く院内に掲示しお知らせをしています。常時、感染防止のための手洗い、マスクの着用などについてご理解とご協力をお願いします。