阪南中央病院

阪南中央病院 > 病院概要 > 医療における患者の権利
医療における患者の権利
医療・ケアを受ける方の権利と責務
阪南中央病院は、医療・ケアを実践するにあたり、以下の権利と責務を互いに守り、協力し合うことが不可欠と考えています。
医療・ケアを受ける方の権利
  • 個人として尊重される権利
  • 安全で良質な医療を公平に受ける権利
  • 十分な説明と情報を得る権利
  • 選択の自由と自己決定権
  • 個人情報が保護される権利
診療・ケアを受ける方に守っていただかなければならないこと(責務)
  • ご自身の健康状態について正確に教えてください。
  • 十分な説明を受けたら、ご自身の意思や意見をお伝えください。
  • ご自身が同意または選択した医療・ケア方針を守ってください。方針を変えたい場合は、ご相談ください。
  • 病院内の規則や指示を守ってください。暴言・暴力・ハラスメント・著しい迷惑行為があった場合は診療を中断し、法律や当院の規則等に則り対応します。
  • 医療費をお支払いください。疑問点があれば伺います。費用の心配がある場合は、早めにご相談下さい。

阪南中央病院におけるこどもと家族の権利
職員はこどもたちとそのご家族の権利を尊重して、ひとりひとりの治療・療養に携わり、支援していきます。
  • こどもたちは、年齢によらず、常にその人格を尊重されます。
  • こどもたちは、差別なしに、良質の医療を公平に受けられます。
  • こどもたちは、安心できる環境の中で、安全な、痛みの少ない検査や治療を受けられます。
  • こどもたちは、みずからの病気・検査・治療・見通しについて、年齢や理解度に応じた方法で説明を受けられます。
  • こどもたちとその家族は、検査や治療について事前に十分な説明をうけ、納得した上で治療を受けられます。
  • 家族は、こどもたちの治療に積極的に参加することができます。
  • こどもたちは、年齢や症状にあわせた遊びや学習の機会を与えられます。
  • こどもたちとその家族のプライバシーはいつでも守られます。
  • こどもたちとその保護者は、診療記録の開示を求める権利があります。
  • こどもたちとその家族は、担当医以外の医師の考え(セカンドオピニオン)を求めることができます。