平成29年度 阪南中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,369 170 356 413 184 152 406 953 663 135
この病院指標は、2017(平成29)年4月~2018(平成30)年3月に退院した患者さんの集計データです。

■集計条件
入院時年齢より、当院の一般病棟の患者数を年代別に集計。

■特徴
当院は、地域周産期母子医療センターであり、新生児の入院を含め、10歳未満の入院が最も多く全体の29%を占めています。
また、他方で70歳以上の高齢の患者さんも多いのが分かります。(70歳代 20%、80歳代 14%)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 40 22.85 17.71 0.00% 84.25
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 26.86 20.83 3.45% 80.72
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 3.93 7.21 0.00% 75.69
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等A-DROP スコア1 26 14.04 13.51 3.85% 81.62
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等A-DROP スコア2 26 21.73 15.12 7.69% 82.62
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 5.49 7.21 0.00% 79.54
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 20.77 15.61 0.00% 71.32
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 11.62 8.98 0.00% 71.81
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 18 5.11 7.87 0.00% 77.56
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 13 7 5.56 0.00% 39.38
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 28 41.25 19.94 7.14% 79.86
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 20 41.7 25.09 0.00% 75.2
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 14 44.29 27.09 14.29% 79.21
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし - - 5.21 - -
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 手術・処置等2なし - - 17.85 - -
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 143 6.64 6.18 0.00% 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 140 4.76 5.94 2.14% 0.96
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 118 3.63 5.5 0.00% 2.76
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 93 4.26 6.03 0.00% 2.4
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 82 4.6 6.32 0.00% 2.84
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 73 6.27 6.57 0.00% 28.42
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 58 10.22 9.75 0.00% 31.88
120270xx99x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術なし 手術・処置等2なし 54 5.85 6.58 0.00% 27.67
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 52 10.23 20.41 15.38% 28.52
120270xx97x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術あり 手術・処置等2なし 52 7.13 8.78 0.00% 29.21
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 32 11.47 7.31 0.00% 71.31
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 重症度等片眼 15 20.07 10.21 0.00% 58
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 重症度等片眼 14 10.43 6.63 0.00% 71.57
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 12.73 7.38 0.00% 73.45
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 11 11.91 15.25 0.00% 71.82
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080100xxxx0xxx ステロイド誘発性皮膚症 116 49.76 10.89 0.00% 31.21
080090xxxxxxxx ステロイド誘発性皮膚症 37 58.51 10.37 0.00% 37.84
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 19 7.89 8.95 0.00% 64.32
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
100335xx99x00x 代謝障害(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 10.45 - -
■集計条件
各診療科別に症例数の多いDPC14 桁分類について、診療科別に上位5位までを表示。

DPCコード:様式1、Eファイル、Fファイルを元にした自動コーディングにより、コードを設定。(Dファイル不使用。)
        短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外。
診療科:様式1[診療科]より集計。
平均在院日数:在院日数の平均値。
全国値(厚労省公表値):
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
平均年齢:入院時の年齢で集計。

■特徴
1位の「ステロイド誘発性皮膚症」は、ほとんどがステロイド外用剤の使いすぎで悪化したアトピー性皮膚炎で、2位の「ステロイド誘発性皮膚症」はその重症型で全身が真っ赤になった紅皮症の人々です。
ステロイド外用剤の副作用であるステロイド依存性皮膚症の治療で、大人も子どもも安心して入院治療を受けることができる日本で唯一の病院で、非常に多くの経験を積んでいます。
帯状疱疹は早期に十分な治療を受けると、最も重大な後遺症である帯状疱疹後神経痛を起こさずに済みます。
1週間の入院点滴と必要な場合の早期の水疱除去により良好な成績をおさめています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 - - - - 20 1 7
大腸癌 19 10 13 - - 16 2 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
■集計条件
5大癌について初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数。
患者数は延患者数。
10件未満は - 表記。

初発:
様式1の[がん患者/初発・再発]が[0.初発]の症例を対象。
様式1の[UICC病期分類(T),(N),(M),(版)]とICD10よりStageを分類し、紐付かないものは不明(9)とする。
([がん患者/初発・再発]が空白、または、[UICC病期分類(版)]が空白の症例を除く。)

再発:
様式1の[がん患者/初発・再発]が[1.再発]の症例数。
([がん患者/初発・再発]が空白の症例を除く。)

■5大癌のICD10分類
胃がん:C16$
大腸がん: C18$、C19、C20
乳がん:C50$
肺がん:C34$
肝がん:C22$
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 10.53 50.93
中等症 82 19.94 79.52
重症 21 27.19 84.57
超重症 - - -
不明 - - -
■集計条件
成人の市中肺炎(様式1 [肺炎患者/重症度] の 7桁目が 5)において、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢 を表示。
入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名がどちらも J13~J18$ に限定。
重症度分類は、A-DROPスコアを用い、軽症~超重症の4段階で表記。重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類。
10件未満は - 表記。

平均在院日数:在院日数の平均値。
平均年齢:入院時の年齢で集計。
重症度分類:DPCコード14桁目にて判別。

■A-Dropスコア
①.男性≧70 歳、女性≧75 歳
   [性別]が[1.男]で年齢が70以上 , [性別]が[2.女]で年齢が75以上
②.BUN≧21 または脱水(+)
   [肺炎患者/重症度] 1桁目が 1
③.酸素飽和度≦90%
   [肺炎患者/重症度]2桁目 が1,2 => 1 , 0 => 0
④.意識障害(肺炎に由来する)
   [肺炎患者/重症度] 3桁目が 1
⑤.sBP≦90mmHg
   [肺炎患者/重症度]4桁目 が1

■重症度分類
軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 14 28.29 81.14 7.14%
その他 - - - -
■集計条件
脳梗塞の病型別の症例数、症例割合、平均在院日数、転院率、平均年齢を表示。
10件未満は - 表記。

平均在院日数:在院日数の平均値。
平均年齢:入院時の年齢で集計。
転院割合:様式1[退院先]が[4.転院]の症例数÷該当DPCコード症例数
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 50 1.1 1.3 0.00% 76.64
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 119 0.65 1.33 0.00% 72.66
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 2.6 18.55 0.00% 69
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 15 1.8 5.67 0.00% 57.73
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 0.85 4.54 0.00% 64.77
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 13 0.77 1.85 0.00% 71.46
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 27 2 39.81 0.00% 74.33
K0461 骨折観血的手術(大腿) 16 4.69 50.19 6.25% 73.44
K0462 骨折観血的手術(前腕) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) - - - - -
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 58 0.14 9.57 0.00% 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K897 頸管裂創縫合術(分娩時) 105 1.46 4.64 0.00% 29.3
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 76 3.07 7.25 0.00% 30.8
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 62 4.61 6.48 0.00% 32.98
K8961 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶ) 61 2.41 4.95 0.00% 28.72
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 40 0.93 0.05 0.00% 33.1
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 734 1 1 0.00% 74.42
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 53 2.36 8.42 0.00% 71.7
K281 増殖性硝子体網膜症手術 29 2.93 13.93 0.00% 61.45
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) 12 2.33 7.58 0.00% 74.83
K279 硝子体切除術 - - - - -
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
■集計条件
診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について、症例数、症例割合、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表示。
手術は、主たる手術をカウント。
輸血関連(K920$)は除外。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外。
10件未満は - 表記。

■特徴
皮膚科は手術件数が少なく、10件未満のため - 表記となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.45%
異なる - -
■集計条件
播種性血管内凝固(DPC6桁130100)、
敗血症(DPC6桁180010)、
その他の真菌症(DPC6桁180035)、
手術・術後の合併症(DPC6桁180040)について、
入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別して患者数と発症率を表示。
※子様式については、加味しておりません。
10件未満は - 表記。
更新履歴
2018/09/26
DPCの機能評価係数IIのうちの保険診療指数について「病院情報の公表」を行いました。