阪南中央病院

阪南中央病院 > 病院概要 > 医療の質指標 > 患者満足・情報開示に関する指標
患者満足・情報開示に関する指標
意見箱「感謝と苦情の割合」
病院の意見箱への投書の中で、感謝のご意見の増加は患者満足度の向上を示していると考えられます。当院では、入院患者さま全員に、「入院のしおり」とともにアンケート用紙を配布しています。病棟内に設置してある「意見箱」に投函いただいたアンケート用紙に書かれた意見を、「感謝」と「苦情・要望」に分類し、患者さま及び職員に公表しています。患者満足度は「感謝」と「苦情」の割合で評価しています。なお、外来部門にも意見箱を設置し、外来患者さまからの意見もいただいています。
定義
意見箱「感謝と苦情の割合」の定義(%)
意見箱「感謝と苦情の割合」のグラフ
配付型カルテ開示 希望率、開示率
当院では、入院される患者さまに対し、「配付型カルテ開示」を行っています。配付型カルテ開示とは、患者さまが「自分のカルテをみたい」と希望された場合、ベッドサイドまでカルテを届けるシステムです。限定された曜日・時間ではありますが、ご自身のカルテを自由にみることができます。
「配付型カルテ開示希望率」は、入院患者さまの中でカルテ配付を希望された患者さまの割合、同「開示率」は、自分のカルテをみたいと希望された患者さまに対し、実際にカルテを配付できた割合を示します(毎年6~8月のみの調査です。)
定義 (配付型カルテ開示希望率)
配付型カルテ開示希望率の定義(%)
配付型カルテ開示希望率のグラフ
定義 (配付型カルテ開示率)
配付型カルテ開示率の定義(%)
配付型カルテ開示率のグラフ
癌化学療法実施までの待ち時間
化学療法で来院された時刻から血管確保を行うまでに要した時間を示します。来院後、化学療法室にて採血を行い、結果が出たら主治医が診察を行います。そこで本日の治療の可否を決定し、血管確保のための点滴が開始となります。化学療法は長時間を要する点滴のため、待ち時間を少なくすることに努めていますが、高い安全性を確保しながら、治療開始までの時間を短くすることが患者満足度につながると考えています。
定義
外来受付時刻(再診受付機の時刻)からルート確保までの平均時間
  • 外来受付時刻について
    9時以前に再診受付をした患者は9時を受付時刻とします。
癌化学療法実施までの待ち時間のグラフ