阪南中央病院

阪南中央病院 > 医療関係者の方へ > 栄養科> 栄養科の「 おさかな図鑑 」
栄養科のお魚図鑑
阪南中央病院栄養科のお魚図鑑
当院の栄養科では、献立に生の魚を使用しており、年間30種類ほどあります。
魚は地域により呼び名が異なったり、出世魚は大きくなるにつれて名前も変わります。また旬も魚により異なります。
南北に長い日本では魚によっては年間を通して漁獲出来たり、最近では養殖魚の占める割合は年々増加しています。また、輸入魚も数多く出回っています。
しかし比較的年中出回っているようなものでも旬の時期は格別に美味しく味わえるものです。
入荷する魚の図鑑を作り、魚の知識を広めその魚に適した調理方法で料理して患者さまに提供しています。
冬が旬のお魚 (12種類)
(旬 : 12月~2月頃 主な料理 : かぶら蒸し)
(旬 : 11月~2月頃 主な料理 : 塩焼き)
(旬 :  5月~2月頃 主な料理 : 煮つけ)
(旬 : 12月~2月頃 主な料理 : 煮つけ)
(旬 : 12月~2月頃 主な料理 : 塩焼き、味噌煮)
(旬 : 12月~2月頃 主な料理 : ムニエル)
(旬 : 11月~2月頃 主な料理 : 煮つけ)
(旬 : 12月~3月頃 主な料理 : ムニエル、フライ)
ブリ  
(旬 : 11月~2月頃 主な料理 : 照り焼き)
(旬 : 7月~12月頃 主な料理 : 塩焼き)
(旬 : 12月~6月頃 主な料理 : 西京焼き)
(旬 : 10月~2月頃 主な料理 : ムニエル)