阪南中央病院

医療連携課
開業医の先生方へ
医療連携 2002年7月1日に開放型病院の認可を得ています。今回、阪南中央病院開放型病院の登録医として届け出をしていただいた多くの開業医の先生方をはじめ、地域の先生方に利用しやすく、また患者様にも満足していただけるよう地域連携の充実のために努力してまいりたいと思います。
開放型病院や当院ご利用に関する事などありましたら、お気軽にご連絡下さい。また、登録医の届け出に関する手続き等につきましては、いつでも対応させて頂きます。ぜひ一人でも多くの地域の先生方に阪南中央病院開放型病院の登録医としての届け出をして頂ける様お願い申し上げます。
阪南中央病院長 山枡 誠一
医療福祉連携部長 佐藤 健二
阪南中央病院開放型病院のご案内
開放型病院とは
松原市並びに南河内医療圏の先生方に当院の施設・設備を開放し、連携を基に一貫した安全で良質な医療の提供を地域住民に行う目的をもって、阪南中央病院開放型病院を開設いたします。これによって、医療機関単独の「自己完結型の診療」から、医療機関相互の連携による「地域連携型の診療」を目指し、地域住民への医療サービスの向上に貢献できると考えています。
当院の開放型病院
  • 当院では、診療所の先生方にお使いいただく病床を10床、一般病床に用意しております。
  • 紹介にあたりましては、患者様が当院へ診療情報提供書を持参されますと、「診療情報提供料(A)」が算定できます。
  • 入院中は、診療所の先生方に当院に来ていただき、当院の医師と共同で患者様の診断診療に当たります。ご紹介患者様を、自ら診察いただいた場合、請求点数は診療所側で「開放型病院共同指導料(I)350点(1日につき1回)」が算定できます。
開放型病院ご利用にあたって
開放型病院で共同指導を実施される場合、事前に当院へのご登録が必要となります。ご登録いただきました先生方からの、ご紹介患者様の入院・外来検査や夜間・休日の受け入れにつきましては、最優先にいたします。ご登録いただきました先生は、ご紹介患者様の治療に必要な当院の設備・施設を使って診療診断にあたることができます。開放病床をご利用の際は、医療連携課までご連絡下さい。
開放型としてご利用いただける診療科
内科 外科 整形外科 小児科 産婦人科 眼科 放射線科 リハビリテーション科
開放型としてご利用いただける検査
放射線科
: MR マルチスライスCT アンギオ IVR X線TV 軟線撮影

内視鏡室
: 上部消化管内視鏡 大腸内視鏡 ERCP

超音波室
: 腹部 心臓 表在(乳腺 甲状腺 頸部リンパ節他) 頚動脈エコー他

検査科
: ホルダー心電図 脳波 筋電図 呼吸機能 緊急検査 脳脊髄液検査他


医療連携課ご案内
医療連携課スタッフ
部長
佐藤 健二

課長
橋田 真由美

MSW
竹村 由佳

事務課長
縫 和典

事務
中原 啓美

末永 恵子


電話番号 : 072-333-2100(代) 内線285・287
FAX番号 : 072-333-5823
E-mail : renkei@hannan-chuo-hsp.or.jp
よろしくお願いします!
患者様ご紹介について
患者様のご紹介については、外来診療担当医師予定表を参考にして頂き、各科宛に診療情報提供書(紹介状)をお書き下さい。ご不明な点等につきましては、医療連携課にお問い合わせください。
当院を初めて受診される患者様について
紹介患者様については、他の患者様とは別に係の者が各科外来に案内させて頂きます。少しでも待ち時間が短くなるように努めております。
受診される際には、当院の診察申込書をダウンロードしてお使いください。
検査のご依頼方法について
ご希望の担当科に直接お電話して頂き、予約をお取り下さい。
(受付電話番号については下記をご参照ください。)
受付一覧表
部署 部門 内線 依頼部位
消化器センター 内視鏡 370 胃カメラ ・ 下部消化管 ( S字状 ・ 全大腸 )
超音波 367 腹部 ・ 甲状腺 ・ 乳腺
放射線科 TV 747 胃 ・ 食道
CT 747 頭部 ・ 頚部 ・ 胸部 ・ 腹部
MR 747 頭部・脊椎(頚椎・胸椎・腰椎)・腹部・骨盤・関節(  )・その他
造影 { 要 ・ 不要 }
入院のご依頼について
入院のご依頼は、医療連携課にお電話にてご連絡ください。患者様についての情報をお聞かせいただいて、直ちに担当医と調整を行い、お返事させていただきます。場合によっては直接担当医とお話頂いて決めさせて頂きます。
以上、簡単に説明させていただきましたが、ご不明な点がございましたら、お気軽に医療連携課までお問い合わせ下さい。