阪南中央病院

調理師お勧めのレシピ
調理師お勧めのレシピ 第19回 『 カレイ南蛮漬け 』
材料 [5人分]
材 料 分 量
カレイ(冷凍) 70g×5
小麦粉 30g
レモン 5枚
胡瓜 50g
トマト 150g
玉葱 50g
少々
鷹の爪 少々
材料 (南蛮漬け汁) 分 量
だし汁 100cc
薄口醤油 40cc
砂糖 45g
90g
作り方
  • 漬け汁は上記の分量で鍋に入れひと煮立ちさせ、薄く切った玉葱、鷹の爪をいれる。
  • トマトはサイコロに胡瓜は輪切りにレモンは半月に切っておく。
  • カレイの切り身に軽く塩、コショウをして小麦粉をまぶし180度位の油で色よく揚げる。
  • バットに揚がったカレイを並べ漬け汁をかける。
  • カレイを器に移しトマト、胡瓜、レモンを盛り付ける。
南蛮漬けの名前の由来について
  • 東南アジア方面を南蛮と呼んでいましたが、この地を経由してスペイン人やポルトガル人が渡来したことから、それらの国々も含めて南蛮と総称するようになりました。
    南蛮から伝わった料理には、葱や唐辛子を用いたり調理に油を使うものが多かったため、これらの材料や調理方法を用いた料理に「南蛮」の名がつけられるようになったと言われています。