阪南中央病院

阪南中央病院 > 患者さまへ > 検診のご案内 > 特定健診・特定保健指導のお知らせ
特定健診・特定保健指導のお知らせ
医療制度改革に伴い、平成20年4月から国民健康保険や健康保険組合などすべての医療保険者において、「特定健康診査・特定保健指導」いわゆる「メタボ健診」の実施が義務づけられました。
新たな特定健診では、生活習慣病の早期発見のため、メタボリック・シンドロームに関する検査が追加され、生活習慣病予備軍に対して指導~治療が求められることになります。
メタボ画像
特定健診の目的は?
糖尿病などの生活習慣病、特に内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目した生活習慣病予防のための健診です。その結果により生活習慣の改善が必要と考えられる人には、特定保健指導のご案内をいたします。
特定保健指導とは?
特定健診の結果に応じて、メタボリックシンドロームの危険度が高い人に対して自らの健康状態を知っていただき、医師や管理栄養士、保健師(看護師)、などが、生活習慣の改善に向けて取り組めるよう支援いたします。特定保健指導はその危険度に応じて「動機付け支援」と「積極的支援」があります。
特定健診の対象となるのは?
40歳から74歳の誕生日を迎える医療保険加入者(被扶養者を含む)で、特定健診の結果、生活習慣の改善が必要と考えられる人が対象となります。
健診の具体的な項目とは?
メタボリックシンドロームを解消することで生活習慣病は
効果的に予防することができます。
生活習慣を変え、内臓脂肪を減らすことで危険因子を改善することが出来ます。
健診では、メタボリックシンドロームに着目した検査を行います。
基本的な健診(必ず受けていただく検査)
  • 質問票(問診・・・服薬歴 ・ 喫煙歴など)
  • 身体測定(身長・体重・BMI・腹囲)
  • 診察
  • 理学的所見(視診・触診・聴診)
  • 血圧測定
  • 検尿(尿タンパク/尿糖)
  • 血液検査・血清脂質検査(中性脂肪/HDLコレステロール/LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖 又は HbA1c)
  • 肝機能検査(GOT/GPT/γ-GTP)
詳細な検査項目(一定基準の下、医師が必要と認めた場合にのみ実施)
  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球数/ヘモグロビン/ヘマトクリット)
人間ドックを受診した場合は?
人間ドックのように「特定健康診査」に相当するような検査を受け、その結果を証明できる書面の提出が可能であれば、特定健診を受診したものとみなされます。
特定保健指導の種類
  • 動機付け支援
医師・管理栄養士・保健師(看護師)などの面接による支援を原則1回行い、対象者が生活習慣改善のための目標を立て行動するきっかけづくりを支援します。
  • 積極的支援
医師・管理栄養士・保健師(看護師)などが約6ヵ月間、面接や通信(電話・手紙)などの方法により複数回にわたり継続的な支援をいたします。
特定保健指導の対象者はこのように選ばれます
特定保健指導対象者の画像
保健指導実施内容(例)
ご相談、ご予約は検診センター(阪南中央病院2階)まで
  • お電話でのご予約もできます
072-337-2525 (検診センター直通)
  • FAX
072-332-2943 (検診センター専用)