阪南中央病院

阪南中央病院 > 患者さまへ > 入院のご案内
入院のご案内
医療費
費用について
医療費は厚生労働省の定める「診療報酬点数表」によって決まっています。当院はDPC対象病院ですので、DPC(診断群分類)に基づいた包括払い制度によって計算し医療費の総額を出します。さらに、それぞれの健康保険によって決まった負担割合をかけて、患者様の負担金額が決まります。
食事代(食事療養費)は以下の様になっています。
一般
1食260円

非課税世帯
1食210円

非課税世帯で90日以上入院の場合
1食160円

老齢福祉年金受給者
1食100円
(非課税世帯の場合は減額証明書を医事課入院係窓口にお出しください。)
以下の場合は実費負担をお願いしております。事前に説明させていただきますのでご了承ください。
  • 入院証明書などの診断書(入院証明書1通5,400円(税込) )
  • 付き添いの方の使用される寝具(1日につき170円)など。
  • 保険診療で厚生労働省がまだ承認していない検査や、お産の費用など、健康保険の対象となっていない費用。
  • 使い捨て下着など直接医療に関係しない消耗品代。
高額療養費の現物給付制度のお知らせ
高額療養費の現物給付制度を利用すると入院費の窓口支払額が軽減されます。

お支払い方法
入院中のお支払い
入院費用は毎月月末に計算し、翌月の10日前後に請求書をお部屋にお届けします。
入院費用は請求書が届きましたら1週間以内にお支払いください。
退院時のお支払い
入院費用は退院までにお支払いください。(退院日までに計算ができない場合は申し訳ありませんが後日精算となります。)
土・日・祝など、休日の退院の場合は前日までにお届けします。ただし、休日前までに退院までのすべての検査や処置などが確定していない場合は、後日連絡させていただきます。
支払窓口
月~金
9時~17時
医事課窓口(3番)


土日祝
9時~17時
夜間救急受付(夜間出入口)
入院診療の医療費のお支払いにはクレジットカードの利用が可能です。
  • お支払いについてご相談がある場合や特別の事情がある場合は医事課の入院窓口までおいでください。