阪南中央病院

阪南中央病院 > 関連施設・活動のご案内 > 在宅ケアサービス「あおぞら」
在宅ケアサービス「あおぞら」
介護保険のことはあおぞらにご相談下さい。
阪南中央病院在宅ケアサービス「あおぞら」
在宅ケアサービス あおぞらは、介護保険利用に関する相談やホームヘルプサービス/デイサービス/訪問看護などの介護保険サービスを受けるためのお手伝いをします。
利用者の皆さんが適切な介護サービスを受けられるように、利用者本位の介護サービス計画を作成します。また介護サービスが提供された後も、引き続きモニタリングをしながら、在宅ケアの相談に応じています。必要に応じて、介護サービスの見直しも行います。なお、介護サービス計画(ケアプラン)の相談には自己負担は生じません。個人情報に関しては秘密を厳守します。
施設管理者
飯塚 範子
介護支援専門員
飯塚範子、奥村由紀子、加藤隆弘、中橋恭子
実際に介護保険サービスのプロセスをたどりながら、介護保険制度と私たちの業務をご紹介します。
要介護認定の申請
介護保険サービスを受けようと思えば、本人または家族が市に申請しなければなりません。“書類は大の苦手!”という方も大丈夫。「あおぞら」があなたの代わりに申請を代行します(松原市の場合に限ります)。
要介護認定の訪問調査
あおぞらは、松原市から訪問調査の委託を受けています。市の依頼を受けて、「あおぞら」の介護支援専門員(ケアマネジャー)が皆さんのお宅を訪問し、食事/排泄/入浴などの日常生活の様子を調査させていただきます。
要介護認定審査
訪問調査と“かかりつけ医師” の意見書をもとに、「介護や支援が必要かどうか」「どの程度の介護が必要なのか」について、市の『介護認定審査会』が審査をします。
  • 7段階の要介護認定(介護度)
要介護の程度は、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5の7つの段階に区分されています。
要支援1が最も軽い支援、要介護5が最も大きな介護の区分で、介護度に応じてそれぞれサービスの上限額が決められています。特に要支援と要介護の差は大きく、サービス利用の方法も大きく異なります。利用した介護のサービス費用の1割は個人負担となります。多くのサービスを受けられた場合、個人負担も大きくなります。詳しくは「あおぞら」の介護支援専門員が説明させていただきます。ご相談ください。
要介護認定
原則として、申請された日から30日以内に、「介護が必要かどうか」、「どの程度の介護が必要か」、介護度が決められ、郵送で通知されます。
介護サービス計画の作成
申請が認定された場合、本人と家族の希望を十分に踏まえ、あおぞらが介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。(ただし、要支援1と要支援2は、地域包括支援センターの委託により、介護サービス計画の作成を行う形をとります。)
介護サービスの提供
介護サービス計画にもとづいて、訪問介護、訪問看護、デイケア、ショートステイ、などの様々なサービスが、サービス提供事業者によって提供されます。ケアマネジャーが、ご本人の心身の状態をアセスメントし、生活課題を把握し、サービスをコーディネートしていきます。そして月々の利用状況を管理して行きます。
  • 介護保険で利用できる主なサービス
訪問サービス 
  • ホームヘルパーの訪問・・・・〈訪問介護〉
  • 看護師などの訪問・・・・〈訪問看護〉
  • リハビリテーションの専門職(理学療法士・作業療法士)等の訪問・・・・〈訪問リハビリテーション〉
家から通って受けるサービス
  • デイサービスセンターなどへの通所・・・・〈通所介護〉
  • 老人保健施設などへの通所・・・・〈通所リハビリテーション〉
  • 特別養護老人ホームなどへの短期入所・・・・〈短期入所生活介護〉
  • 老人保健施設などへの短期入所・・・・〈短期入所療養介護〉
福祉用具の貸与・購入や住宅の改修
  • 福祉用具の貸与(ただし特殊寝台、車イスのレンタルは原則として要介護2以上の人)
  • 福祉用具(腰掛け便座、入浴いすなど)の購入費の支給
  • 住宅改修費(手すりの取り付けや段差の解消など)の支給
  • その他 認知症高齢者のグループホーム・・・・〈認知症対応型共同生活介護〉
  • ケアハウス・有料老人ホームなどでの介護・・・・〈特定施設入所者生活介護〉
詳しくは、在宅ケアサービス「あおぞら」の介護支援専門員(ケアマネジャー)におたずねください。
住所 : 〒580-0023 松原市南新町3-3-28 阪南中央病院内
電話 : 072-338-7799 (直通)
FAX : 072-333-2109 (直通)
E-mail: kaigo@hannan-chuo-hsp.or.jp