阪南中央病院

阪南中央病院 > 関連施設・活動のご案内 > 地域の栄養を考える会
地域の栄養を考える会
介護・看護に携わる人を対象に地域の栄養を考える勉強会
食事図時下、皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、私達世話人会は医療・福祉・在宅で全ての利用者様が健やかな生活を送って頂くために、地域の関連施設の方々との連携を目指し、生活の基本である栄養管理をキーワードに、一緒に学べる勉強会を行っています。前回は「何より怖い、水分不足」というテーマで理学療法士からの体験談やグループワークを通して、水分管理の重要性について多職種による貴重な意見交換ができました。
今回は、「口から食べる支援」の取り組みについて『特別養護老人ホーム 遊づる』の事例をご紹介し、患者・利用者を支援していく上でどのように多職種が関わっていくのか、グループワークを行います。
居宅に関わらず、施設・医療の現場の方々にとっても有意義な勉強会になるように努め、顔の見える地域連携を作りたいと考えます。
ご多忙中のことと存知ますが奮ってご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。
第50回勉強会
テーマ
「 『口から食べる』 を支援するために 」
 - ⾷事観察から始めよう -
内 容
  • グループワーク(ワールドカフェ方式)
    ~明日から活用できる食支援を目指して~
日 時 2019年 4月 13日(土)14時30分 ~ 17時00分
場 所 阪南中央病院 東館2階 講義室
対 象 医療、保健、福祉、行政関係機関職員、介護家族
主 催 地域の栄養を考える会 : 世話人会
事務局
(問合せ先)
阪南中央病院 栄養科 : 高田  (TEL:072-333-2100 内線:391)