阪南中央病院

医師募集のご案内
内科医師を緊急募集しています
阪南中央病院は、一般急性期病棟+地域包括ケア病棟と周産期センターからなる病院です。新生児・子どもから、おじいちゃん・おばあちゃんまで、3世代・4世代の家族に向き合い診療・ケアを続けてきた地域病院です。高度医療、ICU、高度救命救急などは行っておりませんが、チーム医療を大切にし、内科医としてやりがいのある地域医療の現場です。
夜間・休日の救急外来は限定的な診療で、近隣の開業医からの紹介患者さまと通院中の患者さまの診察に限定しています。
勤務体制も柔軟に組んでいます。
30歳代から60歳代前半まで幅広く募集しています。それぞれの年代に応じた役割を果たしていただくことができます。
チーム医療を第一に頑張ってみたいと考えている方
若い総合内科医の育成に情熱をお持ちの方
特定分野の内科専門医として、あるいは、ハードな外科系医や救急救命医として働いてきたが、これからは地域密着スタイルで総合内科医として働きたいと考えている方
定年時期を迎えるが、これまでのようなハードワークではないにしろ、4~5年くらいは一般内科医として仕事を続けたいという方
将来は開業医として地域医療に貢献したいが、それまでに総合内科医として実地でキャリア・アップしたい方
フルタイムの常勤内科医としては厳しいが、弾力性のある柔軟な勤務であればできそうな方
育児もあるが、仕事も内科医として満足できる内容で続けたい方

小児科医師
緊急に小児科医2名、特に周産期医療に意欲のある医師を募集致します。
周産期医療においては、NICU6床を有し、地域周産期母子医療センターとして、産婦人科と共に地域の中核として機能しています。現在は30週以上または1000g以上を対象としています。また一般小児科としては、完全紹介型の外来とし、周辺の診療所と密接に連携しながら後送/入院を受け持つシステムを地域で確立しています。日本小児科学会の専門医研修施設、および日本周産期・新生児医学会の研修指定施設であり、専門医の取得が可能です。大阪大学との連携で新制度にも対応しています。他科医師をはじめ各部署とも大変協力的で働きやすい環境です。当直/日直は月だいたい5、6回ですが各人の都合を配慮します。当直入りは昼前の遅出出勤、明けはオフにできるなど柔軟な勤務が可能です。

産婦人科医師
熱意のある産婦人科医師2名を募集致します。
地域周産期母子医療センターとして、「病院における安全で感動的なお産」を目指し、医学的のみならず社会的なハイリスク妊婦の出産に小児科と共に取り組んでいます。また、婦人科診療においても、救急疾患も含めて積極的に対応しています。日本産科婦人科学会の専門医研修施設、および日本周産期・新生児医学会の研修指定施設で、産婦人科専門医やサブスペシャリティとして周産期専門医(母体・胎児)になるための研修が可能です。大阪大学との連携で新制度にも対応しています。

募集要項
給 与 :
当院規程による

勤務時間 :
月~金 8:50~17:35

夜間当直 :
あり(女性医師の相談可、院内保育所あり)

休日・休暇 :
週休二日制、年次有給、夏季、年末年始、慶弔休暇など

学会等 :
学会への参加は出張扱い
求人等に関するお問い合わせは、下記の電話やE-mailで、
お気軽にどうぞ。
〒580-0023 大阪府松原市南新町3丁目3番28号
TEL: 072-333-2100 (内線 249) 人事課 西野 淳
E-mail: jinji@hannan-chuo-hsp.or.jp