阪南中央病院

阪南中央病院 > 診療科のご案内
診療科のご案内
消化器、肝臓、循環器、呼吸器、糖尿病・内分泌、血液・免疫等幅広い分野で治療を行っています。
患者さんのQOLを考慮した、消化器、乳腺、甲状腺、内視鏡下手術に力を注いでいます。
ハイビジョン画像システムを2台導入し、腹腔鏡手術のさらなる進化を進めています。
関節外科を中心に、脊椎、骨折等の手術療法と保存的療法を行っています。
紹介外来、成長発達、腎疾患、アレルギー疾患、痙攣外来を行っています。
食物アレルギーの専門外来です。食物アレルギー児を対象に入院で食物負荷試験も行っています。
産科の診療婦人科の診療を行い、「女性の総合診療科」をめざしています。
白内障、網膜疾患、緑内障、角膜結膜疾患、ぶどう膜炎等、多様な疾患に対応しています。
外来は皮膚科診療一般を行います。入院は、成人型アトピー性皮膚炎の脱ステロイド・脱保湿療法が中心です。その他に帯状疱疹や皮膚の良性や悪性腫瘍の手術で入院されます。
X線CT検査・X線TV透視(胃透視)・一般撮影(単純、断層)・MR検査等の画像検査を実施しています。
脳卒中・脳外傷後・頚椎症・肩関節周囲炎・腰痛・椎間板ヘルニア・膝関節症・骨折後・人工関節手術後など、多岐にわたるリハビリテーションを行っています。
消化器疾患に対する検査・治療を目的に、内視鏡検査と超音波検査を行っています。
ストーマケアについて日頃感じている疑問や不安を少しでも解決できるよう取り組んでいます。
外来化学療法室では、患者様のプライバシーに配慮し、よりリラックスした状態で治療を受けて頂けるように、静かで快適な環境の提供に努めています。
精神科、泌尿器科、一部の専門外来については、専門医をお招きして外来診療を行っております。
  • 乳腺外来
  • 腎臓外来
  • 循環器外来
  • 血液外来
  • 人工関節外来
  • 運動器超音波外来
  • けいれん外来
  • 成長外来
  • 小児の腎臓外来
  • 食物アレルギー外来
現在、初診の受付を中止しています。
現在、泌尿器科の受付を中止しています。