阪南中央病院

内科のご案内
内科の特徴
内科は常勤医師6名と非常勤医師で外来・入院の診療を行っています。それぞれが専門的背景を有する内科医ですが、単一の疾患・臓器のみに着目するのではなく、総合的に診療することを基本としています。またQuality of Life (QOL)に配慮した全人的な治療を他の医療スタッフとともに実践することを目指し、種々の在宅医療も積極的にサポートしています。
学会認定の施設に指定されています
日本内科学会認定専門医教育関連病院
常勤医師の紹介
医師
村田 三郎
内科部長・副院長


学会認定
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 認定医制度の研修医の指導医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 人間ドック認定指定医


医師
三浦 洋
阪南医療福祉センター理事長


学会認定
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 認定医制度の研修医の指導医
  • 日本医師会 認定産業医


医師
有馬 利治


学会認定
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 認定医制度の研修医の指導医


医師
吉岡 祥文
内科医長




医師
井上 保
内科医長




医師
堤 紀子
内科医師


  • 日本内科学会 認定内科医


主な診療内容
消化管(食道・胃・大腸)、胆・膵
  • 検査としては上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査、ERCP(内視鏡的逆行性膵 胆管造影)などをルーチンにおこなっています。
  • 食道静脈瘤の結紮術・硬化術、上部消化管や大腸からの出血に対する止血術、上部消化管(食道・胃)のポリープや早期癌、大腸のポリープや早期癌に対する内視鏡治療のほか、在宅医療に不可欠な内視鏡的胃瘻造設術(PEG)も数多くてがけています。
  • 消化性潰瘍に対する新しい診断・治療(ヘリコバクタ・ピロリの診断や除菌療法)。
  • 消化器の進行癌に対する化学療法。
内科の業務実績
業務実績については、こちら(業務統計のページへ移動)をご覧ください。