阪南中央病院

阪南中央病院 > 診療科のご案内 > リハビリテーション科
リハビリテーション科のご案内
リハビリテーション科の特徴
リハビリテーション科は、様々な原因で日常生活を行う能力が低下した患者さまの機能回復や能力の改善を目指す部門です。
現在、当院では理学療法士、作業療法士が協力し、各部署のスタッフと連携して患者さまの、生活の質の向上を目標にリハビリテーションを行っています。
医師の指示の下、急性期(術前・術後など)から介入を行い、地域包括ケア病棟でも退院先で必要な日常生活動作や応用動作獲得のためのリハビリテーションや環境設定など、患者さまの状態に合わせた、手厚いリハビリテーションを提供しています。また、他院からのリハビリテーション目的の患者さまも受け入れています。
当院の施設基準は、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)、運動器リハビリテーション料(1)、呼吸器リハビリテーション料(1)、がん患者リハビリテーション料をとっており、あらゆる疾患で入院されている患者さまに対してリハビリテーションを提供しています。
兼任の常勤医師
医師
眞塚 健夫
整形外科部長
診療局 診療局長
診療支援部長


学会認定
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
  • 日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医・スポーツ医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医・リウマチ医


スタッフ
  • 理学療法士8名
  • 作業療法士1名