阪南中央病院

婦人科について
思春期から老年期まで幅広く婦人科診療を行っています
婦人科では、思春期から老年期まで幅広く婦人科診療を行っています。
産婦人科なんて、妊娠でもしないかぎり行くところではない、と思われている方も大勢いらっしゃると思います。ですが、そんなことはありません。「女性のかかりつけ医」の感覚でいらっしゃっていただければと思っています。
なんでもご相談ください
  • おりものの異常
  • 月経不順
  • 月経痛
  • 不正出血
  • 不妊
  • 性感染症
  • 避妊の相談
  • 更年期・老年期の症状
  • DV(デートDVを含む)を受けて困っている
  • 性暴力被害受けている(受けたことがある) など・・・
なんでもご相談ください。
婦人科患者

良性・悪性疾患の手術・治療も行っています
対象疾患の例
  • 良性 : 子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮脱など
  • 悪性 : 子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど
子宮筋腫、卵巣のう腫は、腹腔鏡を使った手術も取り扱っております。
体に負担の少ない腹腔鏡の手術
傷が小さく、傷の痛みは少なく、手術後の経過の良好な腹腔鏡手術に好評をいただいております。
ハイビジョン画像システムを導入して、腹腔鏡手術のさらなる進化を進めています。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。