阪南中央病院

内視鏡検査・治療
消化器病専門
食道から直腸までの消化管、胆石を含む胆道疾患など消化器病を専門に扱っています。
癌の早期発見・早期治療
検診センターと協力し癌の早期発見と予防に努めています。不要な採血や心電図を省いて胃と大腸の内視鏡検査のみ行う胃腸ドッグも行っております(詳細は検診センターにお問い合わせください)。
最新の医療設備
最先端の機器/業務支援システムを導入しています。
安心の高度医療技術
高度な技術で、安心と信頼の医療を提供いたします。
豊富な経験と実績を誇る医療スタッフが、ポリープの切除術や結石除去など、内視鏡を使った治療にあたります。
検査の事前説明や結果説明などに関する説明も丁寧に行っています。
豊富な医療情報サービスの提供 。検査結果に基づく総合診断を丁寧に説明しています。
確実なフォロー体制
検診データはすべてコンピュータ管理、常に確実なフォローのできる体制を整備しています。
二次検査・治療へのスムーズな対応
検査結果により、さらに検査や治療が必要な場合も万全の体制で対応しています。
精密検査・治療の必要な方のための当院外科、大阪大学医学部との強力な連携がございます。