阪南中央病院

小児科のご案内
小児科の特徴
私たち小児科は、「すべての子供に、いつでも、どこでも、最適な医療を」という病院誕生の頃の志をいつも考え、日々の診療に当たるように努力し続けようと思っています。
地域産婦人科のハイリスク分娩にも積極的に対応しています
大阪府下で、分娩時や出生直後に起こった母子の状態の急変に対応するための医療施設間の相互協力体制には、NMCSの他にOGCSがあり当院産婦人科も加入しています。
生まれた新生児の緊急事態に対応しての未熟児やその他の病的新生児の受け入れだけでなく、当院産婦人科との緊密な協力体制のもと、生まれる前の母体搬送を受け入れ、小児科医の待ち受ける体制での分娩にも対応しています。
地域の新生児医療にも力を入れています。
当院入院の新生児には、産後の新生児だけでなく、地域産婦人科からの紹介による、母体搬送からの児も多いです。
学会認定の施設に指定されています
日本小児科学会専門医研修施設
新生児相互診療援助システム(NMCS)参加病院
常勤医師の紹介
小児科医師は以下の医師で診療しています。得意な分野も多岐にわたり、充実したスタッフで構成されており、診療レベルは高いと自負しています。
医師
志水 信彦
小児科部長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医認定
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医


医師
吉馴 亮子
NICU部長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医認定
  • 日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(新生児)
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児指導医


医師
三田 育子
NICU医師


学会認定
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 大阪府医師会 母体保護法指定医師


医師
中田 成慶
病院長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医認定


医師
山本 征也
小児科医長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医認定


小児科の現在の診療の概要
外来診療
現在、小児科外来の診療は紹介外来(他院からの紹介)のみの診療となります。
入院診療
一般小児病棟と病的新生児・未熟児室(NICU)があります。
当院小児科では、入院中カルテをベッドサイドに配布して開示しています。
産科病棟の正常分娩新生児のフォローと病的新生児の早期把握と治療をしています。
年間約700人の新生児を退院まで毎日診察(日曜日以外)しています。
乳児検診
生後1ヶ月時に無料検診で発育をチェックしています。
小児科の病床数
小児ベッド
定床38床 (NICU 6床とGCU 3床を含む)
小児科の業務実績
業務実績については、こちら(業務統計のページへ移動)をご覧ください。