阪南中央病院

小児科のご案内
小児科の特徴
「すべての子どもに、いつでも、どこでも、最適な医療を」という病院誕生の頃の志を踏まえつつ、急性疾患の診断治療だけでなく、子どもたちの健やかな成長のための支援も提供していけるよう努めています。
地域周産期医療に積極的に関わっています。
当院産婦人科との緊密な協力体制のもと、周辺地域のお産、そして生まれてきた赤ちゃんの診療を行っています。大阪府下の新生児相互診療援助システム(NMCS)にも参加しています。
常勤医師の紹介
医師
志水 信彦
小児科部長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医、認定指導医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医


医師
吉馴 亮子
NICU部長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医、認定指導医
  • 日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(新生児)
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児指導医


医師
小林 千鶴子
小児科医師


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医


医師
安谷屋 知佐
小児科医師


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専攻医


医師
中田 成慶
理事長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医


医師
山本 征也
小児科医長


学会認定
  • 日本小児科学会 小児科専門医


小児科の現在の診療の概要
外来診療
原則、紹介外来となっています。他院からの紹介のみお受けしています。
また下記の予約外来があります。
  • けいれん外来
  • NICUフォローアップ外来
  • 成長外来(非常勤:玉田育子医師)
  • 腎臓外来
  • アレルギー外来(非常勤:長井恵医師)
入院診療
一般病棟の小児科入院のほか、NICU(病的新生児/未熟児病床)があります。
当院で出産された年間約700人の新生児の診察も行っています。
入院診療
定床38床 (NICU 6床とGCU 3床を含む)
小児科の病床数
小児ベッド : 定床38床(NICU6床を含む)