阪南中央病院

内視鏡検査の概要
苦痛の少ない内視鏡検査
    経験豊かな医師が最新設備でおこなう検査
内視鏡検査の安全性と苦痛の程度は医師の技量にかかっていると言われています。
当院の内視鏡検査は、経験豊富な医師が最新の設備で検査を行います。
内臓への負担を軽減し、異物感や苦痛を最小限に行うことによって楽な検査を受けることができます。鎮痛剤なしで苦痛なく挿入、操作は可能ですが、患者様の希望を尊重し軽い鎮静剤を使用することで全く苦痛のない観察、治療を目指しております。
また、予約はできるだけご希望日に添える日時になるように十分配慮しております。

食道、胃内視鏡検査
食道、胃内視鏡検査には、経口挿入(口から直径8㎜の管を挿入)と経鼻挿入(鼻から直径5㎜の管を挿入)の2つの方法があります。
食道・胃・十二指腸の粘膜を肉眼的に観察し必要に応じて写真を撮ります。
経鼻挿入の場合は、舌の付け根をとおらないので不快感や吐き気がかなり軽減されています。
検査は通常10分弱で終わります。

胃内視鏡検査スケジュール
ご予約
ご来院いただき、問診後予約日を決めます。
※超細経内視鏡を使った経鼻挿入による検査をご希望の方は、ご予約時にお申し出ください(鼻の疾患がある方は、経鼻での検査ができない場合があります)。
検査前日
21時以降は食べないで下さい。
水、お茶、スポーツドリンクは、飲んで頂いてもかまいません。
検査当日
検査予定時間の5時間前まで水分(水・お茶・スポーツドリンク)は飲用可能です。
検査実施
検査前に軽い鎮静剤の注射をしますので検査中はほとんど苦痛なく終了します。
検査時間は通常約10分弱です。
検査終了
検査後しばらく安静にしていただきます。

当院では内視鏡を使ったお腹を切らない胃癌の治療も積極的に行っています
EMR(内視鏡的粘膜切除術)
スネアの大きさ(約2㎝程度)までの早期胃がん。
ESD(内視鏡粘膜剥離術)
切り取れる組織の大きさに制限はありません。
大きな組織でもひと固まりで切り取ってくることができます。

大腸内視鏡検査
大腸内視鏡検査は、肛門(お尻の穴)から、太さ11-13mm程度の細長く、軟らかい内視鏡(カメラ)を入れて、大腸全体(状況により小腸の一部まで)を観察する精密な検査方法です。
この検査によって、大腸癌、大腸ポリープ、大腸憩室症、炎症性腸疾患などの大腸、直腸の疾患を検索します。
ポリープを見つけると同時に切除したり、腫瘍の組織生検をしたりすることもできる検査です。
お腹の張りが少ない炭酸ガス送気による大腸内視鏡検査を行っております。

大腸内視鏡検査スケジュール
切り取れる組織の大きさに制限はありません。
大きな組織でもひと固まりで切り取ってくることができます。
ご予約
ご来院いただき、問診後予約日を決めます。
検査前日
食事(朝・昼・夕)は召し上がっていただいて結構です。
水分は多く摂取して下さい。
検査当日
検査着に着替え検査をします。
検査実施
お尻から管を入れますのでどうしても緊張して体に力が入りますが、なるべく力を抜いてリラックスするようにして下さい。
検査終了
検査後しばらく安静にしていただきます。
手術後で腸が癒着していて苦痛が大きいため他院で挿入できなかった症例にも積極的に対応しておりますのでご相談ください。

内視鏡検査数
サイトマップ